前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

36 2003.02.04 篠田先生の講習会の要約 (?)
2003/2/5(水)19:46 - - proxy111.zenbunka.com - 3706 hit(s)

引用する
現在のパスワード


森と大乗仏教(日本が大乗仏教である訳)

森を伐る思想=砂漠の思想 -- 争い・戦争を好む
 砂漠の宗教
   ユダヤ教 ---- キリスト教 ---- イスラム教
       |
        --- ユダヤ教

森を育てる思想=大乗仏教(利他主義)

「日本書紀」とは
 赤茶けた台地に樹木を植え森林を育て森林と共に暮らす生活の話。
 北九州から北関東にかけての地域。
     ↓
 この地域が照葉樹林帯 ----- チベットの東・雲南

照葉樹林帯
 照葉樹林 ---- 一年中葉を付けている樹木
 照葉樹林帯 -- この地域は森を育てる思想に富む
             |
       大乗仏教が栄える土壌である

照葉樹林文化様式 (共通項)
 1.木の実を晒し、餅にする
 2.上記 1. を神に捧げる
 3.高床式建築様式
 4.祭りは年2回
 5.祖先に帰ると本気で考えている
 6.祖霊に餅や粟・ヒエ等、海の幸・山の幸を供えてから食べる


自然秩序の崩壊
   ↓
社会秩序の崩壊
   ↓
人間秩序の崩壊


人間秩序の回復には、自然秩序の回復が必要。
                |
              森の回復

大乗仏教の担い手である日本の仏教宗教家よ、森の育成のため立ち上がれ。


〔ツリー構成〕

【36】 2003.02.04 篠田先生の講習会の要約 (?) 2003/2/5(水)19:46 (1037)
┣【37】 re(1) 篠田先生の講習会 2003/2/15(土)22:18 yaba (275)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.